道労連の紹介

【名称】

 正式な名称は「北海道労働組合総連合」=(ホッカイドウロウドウクミアイソウレンゴウ)です。略称は「道労連(ドウロウレン)」です。

【はたらくみんなの権利を守ります】

 道労連は、1989年労働者・国民の利益をなによりも大切にする北海道ローカルセンターとして誕生しました。 そして、賃金の引上げやリストラに反対するたたかいや、事業所閉鎖・企業倒産に直面した労働者を支援するたたかいなど、 労働者の視点・立場で活動し、数々の成果をかちとっています。 

【暮らしを守る運動に取り組んでいます】

 大幅賃上げや労働時間の短縮、人減らし「合理化」反対、労働基準法の抜本的改正など労働者の切実な要求の実現をはじめ、 「社会保障、教育の充実」、「消費税廃止」「コメ・農産物の輸入自由化反対」や平和・民主主義を守る課題など国民生活、 社会全般にかかわる要求・目標をかかげ、実現のために日々奮闘しています。 

【企業や産業、地域の枠を超えて団結します】

 道労連の組織の特徴は、産業別労働組合(単産)と地域組織(=ローカルセンター)で対等に構成されていることです。 単産が道労連に加盟していない組合や単独組合でも、ローカルセンターや地域労組に加盟することで、道労連の一員として活動していくことができます。 

【主人公は「働くあなた」を貫きます】

 道労連は、現場ではたらくみなさんを主人公に活動しています。みんなで話し合い、みんなで決めて、みんなで実践する労働組合です。一人はみんなのために。みんなは一人のためにを体現する労働組合です。ひとり、ひとりの権利を守り、大切にできなければ労働組合の存在意義はありません。団結の力は、現場でがんばる労働者のみなさんが主人公になってこそ発揮されます。

労働組合民主主義と3つの原則

道労連は、労働組合民主主義を活動のすべてにつらにき、「資本からの独立」「政党からの独立」「一致する要求での行動の統一」の三原則にもとづき、広範な労働組合と共同をすすめ、真の労働戦線統一をめざしています。

道労連結成の歴史

1989年11月26日に結成。労働戦線の右翼的再編成に反対し、労働者・国民の切実な要求を実現するためにたたかう道内の産業別労働組合と地域組織を結集してつくられました。北海道労働運動のたたかう伝統をうけつぐ道労連の誕生によって、労働者・道民の利益を擁護してたたかう強固なとりでとして結成されました。

© 1989 by DOROREN

  • w-facebook
  • Twitter Clean