総選挙2017「未来は『市民』が決める」~安倍政権を終わらせる大チャンス!総決起を!

総選挙2017「未来は『市民』が決める」 ~安倍政権を終わらせる大チャンス!総決起を!~ 安倍首相は本日、臨時国会を召集し、冒頭、所信表明も審議もなしで国会を解散した。野党が臨時国会での徹底審議を求めてきたことに背を向ける憲法違反の暴挙である。10月10日公示、22日投開票で衆議院選挙がたたかわれる。 道労連は、安倍政権の退陣を求め全力をあげてきた。立憲主義を蔑ろ(ないがしろ)にし、国政を私物化する安倍政権を終わらせる大チャンスとなる。この解散は、アベノミクスの破綻、北朝鮮の核・ミサイル問題の泥沼化、説明不能となった森友・加計疑惑問題などに加え、最大の狙いである安倍改憲の企てが国会の両院で3分の2の議席を持ってしても、予定通り行かなくなり、追い込まれたものである。国民の世論と運動がつくりだしたものだ。 安倍政権は、秘密保護法、通信傍受法、安保法制、共謀罪法、自衛隊の南スーダンPKO派遣での「駆けつけ警護」、沖縄・辺野古の米軍新基地建設や高江のヘリパット建設、教育勅語に関する閣議決定、アメリカとの軍事同盟強化など、憲法違反の「戦争する国づくり」を強引にすすめてきた。防衛関係予算は5年連続の増加で5.1兆円を超えた。一方で、社会保障費の「自然増」を1.5兆円抑制する方針だ。原発再稼働も強引にすすめてきた。また、第二次安倍政権発足以後、毎年のように国政選挙が行われてきたが、いずれも「経済で結果を出す」と国民を欺き(あざむき)、悪政の限りを尽くしてきた。 今度の選挙の最大争点は、国民の声を無視し、憲法9条を変え戦争への道をひた走る安倍政治の「終焉(しゅうえん)か延命か」が問われる選挙で

ディーセント・ワーク学習会「このゴミ誰出すの!?やれることから男女の共闘」

名称 ディーセント・ワーク学習会「このゴミ誰出すの!?やれることから男女の共闘」 日程 10/07 [土] 14:00~17:00 場所 札幌エルプラザ公共施設2階(会議室1・2) 講師 渋谷 典子 氏(NPO法人参画プラネット代表理事) 定員 50名(託児室あり) 費用 参加費500円(資料代) 主催 さっぽろ青年ユニオン/北海道労働組合総連合青年協議会 共催 札幌市男女共同参画センター  さっぽろ青年ユニオンは、北海道労働組合総連合青年協議会とともに、10月7日「ディーセント・ワーク学習会」を実施します。タイトルは「このゴミ誰出すの!?やれることから男女の共闘」とし、ゴミだし当番から始まり、炊事洗濯、子育てなど、女性も男性も仕事と生活のワークライフバランスについて考える機会となるよう開催します。当日は、渋谷典子氏(NPO法人参画プラネット代表理事)をお招きし、「ワークルール(労働法)」および「ディーセント・ワークの概念」を学び、ワークショップとディスカッションで学びを深め共有します。 ぜひ、多くのみなさんのご参加をお願いします。 #ディーセントワーク #男女共同参画 #さっぽろ青年ユニオン

STOP!再稼働 さようなら原発北海道集会

東日本大震災、福島第一原発事故から6年半が経過したいまもなお、事故原因究明は途上にあり、事故の収束と廃炉への見通しはまったく立っていません。しかし政府は、原発をベースロード電源とする「エネルギー基本計画」に基づき、国民の多くが反対する原発再稼働を強行しています。  また、今年4月から帰還困難区域を除く4町村、約3万2千人に対して避難指示を解除し、住宅提供等の公的支援打ち切りを行いました。「再稼動ありき」「福島切り捨て」の政策を許すわけにはいきません。  こうしたもとで、北海道から「再稼働反対」「原発なくせ」の声を広げるべく「STOP再稼働!さようなら原発北海道集会」を開催します。ぜひ、ご参加ください。 日程 10/09[月・体育の日] 集会13:00・デモパレード14:15 場所 札幌大通公園西8丁目 主催 「さようなら原発1000万人アクション北海道」実行委員会 #原発ゼロ

市民と野党で政治を変えよう!デモ

安倍首相は本日、9月28日に開会する臨時国会冒頭で衆議院を「解散」し、10月22日投開票で総選挙を行うことを表明しました。この間、安倍首相は特定秘密保護法、安保法、共謀罪など、「戦争する国」づくりを進めてきました。立憲主義を否定し、政治を私物化し、暴走を続ける「安倍政治」を終わらせる大チャンスが到来します。市民が決める。政治を変える。市民と野党の共闘で安倍政権を退場させましょう。 日程 09/28[木] 集会18:30、デモ18:45 場所 札幌大通公園西3丁目 主催 戦争させない市民の風・北海道/北海道憲法共同センター #戦争法廃止 #共謀罪廃止 #北海道憲法共同センター #憲法を生かす全国統一署名 #安倍9条改憲NO

無期転換へ、旭川で市民講座を開催

旭労連と道労連は8月30日、無期転換あさひかわ市民講座を旭川市内で開催し、非正規雇用で働く一般市民など50人余りが参加しました。講師の道労連黒澤幸一議長は、「無期転換権は不安定な期限付き雇用を改めさせる労働者の権利。申請に向けて労働組合が力になる。2018年4月1日をいっせい申請日にしよう」と呼びかけました。  労働弁護団に所属するあかつき法律事務所(旭川)畑地雅之弁護士は、参加者からの質問に答え、「改正労働契約法は、労働者の保護が目的。万が一、事前の雇い止めや労働条件の不利益変更など違法なことを押し付けられても、一人で対処しないことや労働者が正しい権利の知識を知っていることが大切。疑問のある労働契約は合意前に労働組合に相談することが肝心。」と強調しました。参加者からは、「建設業などで多い季節雇用は無期転換できるのか」「無期転換を契機に処遇改善が必要ではないか」「公務職場の非常勤職員はどうなるのか」「職場の仲間ともう一度話を聞きたい」など活発な議論が交わされました。個別相談では、「この春、1年後は不更新の契約をしてしまった」という人に「労働組合に入って団体交渉で是正させるしかない」と答え、一人でも入れる地域の労働組合が紹介されました。 旭川では、はじめての市民向け講座に大きな関心が寄せられました。旭労連は、この日に向けて道新や旭川地方紙への事前告知掲載、市内の保育園33カ所を訪問、300件余りの介護事業所に郵送でのお誘い、チラシ・ポスターの配布、知り合いへの声がけなど、精力的な取り組みを行い成功させました。さらに無期転換と労働組合の重要性を広く市民に知らせていく活動を広げてい

© 1989 by DOROREN

  • w-facebook
  • Twitter Clean