無期転換おびひろ市民講座を開催しました。

文書一枚、説明なし。 労組がないので不安、聞くに聞けず市民講座に参加 道労連と帯労連は12月21日、帯広市内で「無期転換おびひろ市民講座」を開催しました。一般市民4人を含む16人が参加して個別相談も実施。講師は道労連の黒澤幸一議長が行いました。 帯労連の栗山秀樹議長は冒頭の挨拶で「派遣社員が労働組合の交渉で無期転換権を獲得した記事を読んだが、雇用不安に常にさらされている非正規の実態を改善して、無期雇用が当たり前の社会をめざしましょう」と呼びかけました。 十勝毎日新聞の告知記事を見て参加した市内保育園の保育士は、園長から無期転換について文書が一枚渡されたが説明がなく、聞くに聞けずこの講座に参加。同僚とも「無期雇用になったら辞められなくなるのでは..」と話していが、今日の話を聞いて、無期雇用の方が理由なしでも辞められることがわかった。「職場には労働組合がないので無期転換を申請できるか不安なので皆で話してみます」と、福祉保育労働組合の加入用紙を持って帰りました。「タクシー運転手をしている。いまは介護事業所で送迎業務しているが定年後も5年たったら無期雇用になれるのか」「公立高校などの非常勤職員などは対象になるのか」など、質問が次々と出されました。 国立病院から、全医労帯広支部の仲間が非常勤職員といっしょに6人で参加。看護助手の組合員は、うちの病院には労働組合があって守られていると思っているが、それでも一年に一度の契約更新は「なんで、毎回、履歴書を出し直す更新手続きをしなきゃならないのか。嫌な気分になる」と話し、「早く無期転換申請したいと思った」と講座の感想を述べていました。 帯労連は、

非正規職員が無期雇用に! 室蘭工業大学職組が大奮闘

ず~っと祈ってた。 ずっと頑張り続けてきた。 とてつもなくうれしい! 室蘭工業大学職員組合(クラウゼ小野マルギット執行委員長/以下「室工大職組」で記述)は12月21日、昼休みに緊急集会を開催して非正規職員約70名(事務補佐委員、技術補佐員)を無期雇用化するという回答を大学側から引き出したことを報告。 高木稔書記長は、「室蘭工業大学はそれまでの最大6年雇用を5年に切り下げて改正労働法による無期雇用転換に背を向けました。今回これを改め、無期転換を認める方針に方向転換したことは、全国の大学組合の闘いや、全労連・道労連の闘い、それに呼応した共産党議員など国会での追及が厚労省や文科省の意向となって結果的に大学の方針を余儀なくさせたものと思います。来年3月前に結果を得られて本当にあきらめないで仲間と一緒に闘って良かったと思います」と報告すると、参加者から大きな拍手と歓喜の声が沸き起こりました。 室工大職組はこの間、大学側に対して非常勤講師や有期雇用の事務職員を無期雇用化するよう求めて団体交渉を行ってきました。大学側は、特任教師や非常勤講師、障碍者雇用については、規則を改定して無期雇用にするとしていましたが、事務補佐員や技術補佐員については回答が留保されてきました。室工大職組は、労働局への要請に加え、今週18日からは連日、大学門前で宣伝(写真:下段)を実施するなど、無期雇用転換を求めてきました。昨日、大学側から非常勤職員について無期雇用にするとの回答を受け、本日の報告集会となりました。 心が折れそうになって..組合に入ってよかった! 「来年で5年になります。来年の9月いっぱいでおしまいだった

労組で無期雇用へ~無期転換くしろ市民講座

~新聞、ラジオ、戸別配布で「労組をみせる」~ 道労連と釧労連は20日、釧路市内で「無期転換くしろ市民講座」を開催しました。一般市民3人を含む18人が参加しました。 冒頭のあいさつで渡辺憲一釧労連議長は、非正規労働者の雇用の安定をはかり、安心して働き続けられる釧路地域をつくっていく上で、無期転換ルールは重要。しっかり学ぼうと述べました。 講師を行った黒澤幸一道労連議長は、無期転換権を回避する雇止めやクーリングの強制を労働組合の力で撤回させてきている。そして、東大につづき道内の室蘭工大でも5年上限ルールを撤廃させるなど声を上げることで雇用の安定を勝ち取ってきている事例を紹介、強調しました。 参加者からは、公務関連職場で働く非常勤職員は、民間では無期転換できて公務職場では雇用の安定が図られないのは納得いかない。あと一年で契約期間が切れる予定なので..と相談。労働組合の交渉力と社会的な世論で公務職場でも是正を図らせられるよう話し合いを始めようということになりました。派遣会社に勤める非正規労働者は、もう10年になるが派遣元との関係で無期転換権が行使できるのかを知りたくて参加。自宅にポスティングされたチラシを見て参加した幼稚園の事務職員は、長く勤めているパート職員も多数おり、今日の話を聞いて「これから就業規則の準備をはじめたい」と話していました。 釧労連は、この市民講座に向けて、山本隆幸釧労連事務局長と重安有美釧労連事務局次長は地元のFMラジオに出演し20分間にわたって無期転換と労働組合についてトークを繰り広げ、アピールしました。また、地域の住宅にチラシをポスティング2000枚、新聞折込3

労働組合に入って5年上限を撤回させたい!

~無期転換「さっぽろ市民講座」~  道労連と札幌地区労連は13日、札幌で6度目となる「無期転換さっぽろ市民講座」を開催し、一般市民8人を含む18人が参加しました。北大の非常勤職員や北海学園大学の学生2人も参加しました。 講師には道労連黒澤幸一議長があたり、①非正規労働者の特徴、②無期転換ルールの仕組み、③労働組合の力で無期転換権を守った3つの事例などを紹介し、「弱点だらけのルールで悪用されかねない。労働組合が力になる。」と強調しました。 個別相談で道内の大学に有期契約で働く事務の女性は、大学構内の掲示板に道労連の無期転換ポスターがありQRコードから道労連ホームページにつながり市民講座を知って参加した。5年上限とされているがみんな働き続けたいと話している。今日は代表して参加したが、別途、みんなに集まってもらおうと思っている。話しをきいて大学の職員組合に早々連絡して労働組合に入ろうと思った。東大のように5年上限を撤廃させたいと相談になりました。 参加者からは、つぎつぎ手が上がり、同じ会社で6年目になるが途中で派遣社員から直接雇用の契約社員になったが、無期転換権はあるか。障害者施設で有期契約で働いているが働き続けたいという若い福祉労働者。労働組合はあるが非正規のことは取り扱ってくれないと道新の小さな告知記事を握りしめて参加した非正規労働者など様々な思いず語られました。 「労働組合なら無期転換権を行使できる」との思いが熱く広がる市民講座になりました。 次回のさっぽろ市民講座は、1月16日、2月20日、3月30日と毎月、開催することを案内すると真剣にメモをとる姿が見られました。 無期転

労組をみせて仲間を増やそう~組織拡大交流集会

総がかり作戦 春の拡大月間で飛躍を 道労連は12月3日、「総がかり推進・組織拡大交流集会」を札幌市で開催。18春の組織拡大月間と道労連定期大会(2018年8月予定)に向けて、「1割純増」とそのための組織強化をすすめるための交流と意思統一を行い、単産・地域組織から67名が参加しました。道労連の出口憲次事務局長は、「無期転換キャンペーン」などこの間の総がかり作戦の到達・成果を報告した後、2018春の組織拡大方針として、①各単産で総がかり作戦を来年2月末までに立案して具体化に着手すること、②市民講座に加えて対象者名簿作成など組織内でも無期転換キャンペーンでの組織化をすすめること、③春の拡大月間(2018年3月1日~5月31日)でみんなが語れる好事例「3つのいいね!」を揃えるなどぬかりなく準備をすすめること、などを提起しました。 続いて、労働組合の魅力をどのようにアピールしていくのか、具体的な実践例も含めて交流するために「ユニオントーク」を実施。北海道高教組の菱木淳一書記次長、医労連・恵和会労組の塚本美香委員長、北海道医労連副の吉田岳彦委員長、福祉保育労道地本の中川喜征副委員長、旭労連の口田秀樹事務局長、釧労連の重康有美副議長、さっぽろ青年ユニオンの岩﨑唯委員長の7名がパネラーを務めました。労働組合がどのようにみられているだろうか、という問いについて「中身はよく知られていないが、クライ、カタイ、コワイなどのイメージが先行している」「無色でも有色でも『透明』にみえている。自分たちには無縁という存在」「まだまだ産業内に影響力を及ぼすほどの影響力を有していない。そういう点では、業界の中にみえ

賃金も仲間も増やす春闘を~18春闘学習討論集会

賃上げと安定雇用で地域活性化へ  北海道春闘共闘委員会は2日、「2018年北海道春闘学習討論集会」を札幌市で開催し、各単産・地域組織に加え、北海道検数労連も参加があり、全体で112名が参加しました。開会にあたり、赤坂正信副代表幹事(札幌地区労連議長/写真・左下)から、大幅賃上げや労働条件の改善にこだわってたたかうことの重要性や、憲法9条「改憲」や「働き方改革」を阻止する共同のたたかいについて触れ、「国民春闘とは何かがとわれている。労働組合をみせることで、賃金も組織も増やす春闘にしよう」と呼びかけました。 【基調報告】 つづいて、全労連の野村幸裕副議長(写真・右下)から基調報告を受けました。野村副議長は、安倍政権による財界への賃上げ3%要請は、賃上げの上限を3%に抑え込んで春闘を「管理」しようとするものであることや、生産性は向上しても労働者への分配率はむしろ減少していることなど、アベノミクスのウソとゴマカシを暴露し、大幅賃上げと底上げこそが地域経済活性化の要であることを明らかにしました。また、無期転換など安定雇用をすすめる要求闘争などを通じて、「たたかいの中でこそ組織を拡大していこう」と呼びかけました。 【方針提起】 道春闘共闘の出口憲次事務局長は、18春闘のたたかいの柱として、①「国民春闘」とは何かを問い直し、新たにつくり出していくような構えをもってたたかうこと、②労働組合を社会的にみせることで「賃金も仲間も増やす春闘」にすることを位置づけ、大幅賃上げや最低賃金1,500円などの底上げ、無期転換促進や格差是正、8時間労働をあたりまえにするための長時間・過密労働解消などを、統一

道労連新聞「無期転換ルール特集」をアップしました。

道労連新聞「無期転換ルール特集」をアップしました。 ぜひ、まわりのみなさんへ広げてください。 紙面内容 1面「大好きな仕事と職場安心して働き続けたい」保育士・白旗さんインタビュー、コラム「無期転換と仲間づくり」黒澤道労連議長 2~3面「無期雇用が当たり前の社会へ」対談 北海学園大学・川村教授、札幌明啓院・藤田さん、黒澤道労連議長 3面「公務職場でも無期転換権を早期に」木村北海道国公事務局長 4面「1年で自動的に無期転換」小原コープさっぽろニュー労組委員長、「職場と地域で大キャンペーンを!」出口道労連事務局長 #無期転換 #無期雇用転換 #非正規 #労働組合

クーリング強制、復帰後は初任給.. あと4か月、取り組み強化を

3人の有期雇用労働者と相談継続! ~無期転換「さっぽろ市民講座」~ 道労連と札幌地区労連は11月30日、6回目となる無期転換さっぽろ市民講座を開催しました。一般市民4人を含む16人が参加しました。新たに3人の有期雇用労働者とつながりができました。 ◆最長5年と言われたが ..無期雇用になりたい!  新聞を見て参加したという臨時職員として働く40代女性は、働き始めるときに最長5年と説明されて働いてきて4年目。来年3月末で満了になるが、契約書には5年までとは書いていない。いまの会社で働き続けたいと相談。後日、契約書や就業規則を持参し相談にのることになりました。 ◆クーリング強制し、6カ月間の雇止めに  また、他の地域で行われた無期転換市民講座に参加した同僚から誘われて、参加した有期雇用労働者からは6カ月のクーリングをあけさせられたことや、クーリング明けの再雇用では賃金が初任給にされたことなどの相談がありました。「クーリングと聞くと合法的に聞こえるが、実態は6カ月間の雇止めであり違法」と説明し、解決方法を検討しながら連絡を取り合うこととしました。  今回も講師には道労連黒澤幸一議長があたり、札幌地区労連などのメンバーが非正規労働者の切実な相談に応じました。4月の無期転換実施まで4カ月となり、労働者の不安も高まっています。札幌地区労連は、12月13日、1月16日、2月20日、3月30日など今後は毎月、市民講座を開催します。 #無期転換 #非正規 #雇い止め阻止 #無期雇用転換 #札幌地区労連 #全労連

© 1989 by DOROREN

  • w-facebook
  • Twitter Clean