1年更新で22年 やっと安心して働ける

無期転換あさひかわ市民講座② 旭労連と道労連は26日、旭川市内で2回目となる無期転換あさひかわ市民講座を開催しました。一般参加5人を含む25人が参加し、約2カ月後に迫る無期転換ルールの本格スタートに向けて学び、個別相談も実施しました。 講義を行った道労連黒澤幸一議長は、昨年8月の同講座に参加した医療機関に働く臨時職員が「次回は更新しない」との不更新条項付きの労働契約に泣く泣くサインをしたが労働組合に入って要求し撤回させ、無期転換権を見事に守った事例を紹介。「労働者が無期転換ルールと労働組合を知ることが重要」とし、声を上げれば変えられることを強調しました。 助言者の畑地雅之弁護士(旭川)は、非正規労働者のなかに「無期契約になると辞められなくなる」と無期転換を躊躇する声があるが逆で「無期契約の方が理由なく辞職できる」とし、有期は臨時・一時的な業務に限定し、雇用は無期が当たり前の社会に是正させるためには積極的に無期転換権を行使することが大切と助言しました。 参加者からは、「定年後の有期契約でも無期転換できるのか」「無期転換後の労働条件はどうなるのか」「自治体からの指定管理会社が変わった場合はどうなるのか」など次々に率直な疑問が寄せられました。 個別相談で、市内の保育園で働く事務員は「1年更新で勤続22年。」有期契約であることが不合理だと言うことが今日の話を聞いてよくわかった。これで安心して働ける。4月に無期転換を申し出て、時給や労働条件の改善を労働組合と要求していきたいと述べました。 #無期転換 #非正規 #雇い止め阻止 #無期雇用転換 #全労連 #旭労連

3年で自動的に無期転換実現~金融労連・北洋銀行労組

「3年で自動的に無期雇用にする」―。北洋銀行労働組合は昨年12月、かねてから経営に対し要求してきたパート職員などの無期転換制度について法を上回る内容の回答を引き出しました。無期転換の対象は、全道でパート職員1300人、嘱託職員400人、合わせて1700人の雇用の安定が図られました。  職場のパート職員は「契約更新がなくなって、安心して働ける」「仕事がなくなったといつ言われるか不安だったが安心した」など喜びの声が上がり始めています。同労働組合は、17春闘で「無期雇用転換制度の円滑な実施、就業規則の整備」を要求。これまで他要求と合わせて10回にわたる団体交渉を重ねてきました。  佐藤一枝執行委員長は、道労連の無期転換講座に参加したり金融労連で学習会を重ね17春闘で要求化。実現を求めてきた。職場は多くの優れたパート職員に支えられている。いまも雇止めはさせていないが、不必要な更新をなくすことで安心して働けるよう求めてきた。毎年の契約更新で保証人を付けるように要求されるなど煩雑で嫌な手続きも簡略化できる。何よりも雇用の安定で、時給820円という低賃金の改善にも声を出しやすくなる。道労連をはじめ労働組合の力と社会的世論で実現させられた。実現できて本当にうれしいと述べました。  また、志水由起子副委員長や本多茂子書記長は、交渉の度に追求してきた。経営は「検討する」を繰り返してきたが実現させられて本当に良かった。と述べました。 #無期転換 #非正規 #雇い止め阻止 #無期雇用転換 #全労連 #金融労連

安定雇用の実効確保求め道に要請

道労連は1月19日、「無期転換ルール」による安定雇用の実現を求める要請書を高橋はるみ北海道知事宛てに提出しました。要請行動には、道労連、自治労連、北海道国公、建交労が参加。國田昌男副議長から道庁・働き方改革推進室の土屋節子室長へ要請書を手渡しました。  道労連の國田副議長は、「無期転換ルールは、使用者に説明義務が課せられていないため、労働者への周知・理解が十分に進んでいない。さらに重大なのは、使用者が無期雇用転換を回避するため、『不更新の同意』を迫るなど違法・脱法が横行していること。民間職場だけではなく、極めて公共性の高い職場でも同様の事例が発生している。道として、特段とりくみを強めていただきたい」と要請しました。  出口憲次道労連事務局長から、要請項目(①北海道の相談窓口に寄せられた無期転換ルールに関係する相談についての情報提供、②北海道が関係する事業者(出資先、指定管理や委託など公契約関連等)における無期転換の取り組みの進捗状況の調査等、③北海道が関係する事業者への指導等、④無期転換ルール促進の知事の姿勢表明)と実態について補足説明しました。  道からは、「法の周知が大切であり、安定雇用の確保は重要」との認識を示した上で、相談件数は全体1040件・無期転換6件(2017年4~12月)が寄せられていること、各地での説明会開催や全市町村への通知を行ったこと、関係部局を通じての周知・啓発を行っていることなどの回答がありました。  自治労連の東原勉副委員長は、札幌医科大での雇い止め問題について「道は出資者であり、関係職員もいる。まずは事実関係を調査してほしい。そのうえで、法

介護職場から2名がその場で加入~無期転換さっぽろ市民講座

札幌地区労連と道労連は16日、札幌市内で無期転換さっぽろ市民講座を開催しました。一般市民6人を含む20人が参加。その場で2人が労働組合に加盟し、4月からの無期転換の申請をめざすことになりました。講師を行った道労連・黒澤幸一議長は無期転換ルールは「労働者保護を目的とする法律である」ことを強調し、「労働組合に入って無期転換で安定雇用を手に入れよう!」と呼びかけました。 ◆市民生協「1年で自動的に無期転換」は労働組合の力で獲得  生協労連さっぽろニュー労組の小原里美委員長が1年で自動的に無期転換する制度をコープさっぽろの理事会につくらせた経験を発言。全道1万人の生協パート従業員の安定雇用を実現させたと述べて、労働組合があってこそ実現したことが強調されました。 ◆特養の介護労働者「無期転換して賃上げさせたい」と医労連に加盟  市内の特別養護老人ホームに勤める介護職員の男性は、いまの職場で1年更新で10年目。昨年、日給から月給制になり少し条件が改善した。無期転換で安心して働けるようになりたい。いまの月給は月15万円程度で40代でこの賃金では「正直言って、劣等感を感じる」。やめる人も多く、長く働ける職場をつくりたい思いがある。今日の話を聞いて、労働組合に入って職場の改善につなげたいと道医労連医療一般に加盟しました。 ◆雑貨店7年目「無期転換前の雇止め撤回させたい」と結に加入  50代の女性は、札幌市内の大型雑貨店にパート従業員として働いて7年目。前回の更新時に「働くところがなくなるので」と言われ今年2月で雇止めを通知されましたが、納得がいかず、まだ、契約書にサインをしていない。

北大でも無期転換を!

「緊急相談会」へ参加呼びかけ連日宣伝 1月15、16日の2日間、北海道大学前で「緊急・無期転換相談会」を告知する宣伝行動を行いました。北海道大学教職員組合(北大職組)、道労連、医労連、北海道国公、札幌地区労連が参加し、800人にチラシを手渡しました。  「私も対象者です。相談会に行かせてください」と切実な様子で声をかけてくれた人、看板を食い入るように見つめる人、慌てて戻ってきてチラシを受け取る人などなど、北大での無期転換問題について注目・関心が集まっています。  北海道大学の非常勤教職員は、約3000人にのぼるとみられ、毎年約600人前後が契約満了で職場を去らなければならい状況にあります。北海道大学教職員組合は、無期転換権を認めるよう求めていますが、大学側は「5年上限」を撤廃していません。学内業務の大半は非常勤教職員なくして運営することは不可能であり、重要です。非常勤教職員のみなさんに相談会のことを知らせ、無期転換権を認めさせるために北大教職員組合と一緒に実現を求めましょう。 #無期転換 #非正規 #雇い止め阻止 #無期雇用転換 #全労連 #北海道大学教職員組合

北大で「緊急!無期転換相談会」を開催します。

北大で働く非常勤教職員のための 「緊急!無期転換相談会」 日程 01/22[月]と23[火]の2日間 時間 ①16:30-18:00、②18:00-19:30 会場 人文・社会科学総合教育研究棟W202室 内容 ◎「無期転換ルールと北大ルール」の説明 ◎「5年上限やクーリングを撤廃させた他大学からの報告」 ◎北大職組からの呼びかけ ◎全体質疑後、個別相談 主催 北海道大学教職員組合 後援 道労連 等 #無期転換 #非正規 #労働組合 #無期雇用転換 #全労連 #北海道大学教職員組合

© 1989 by DOROREN

  • w-facebook
  • Twitter Clean