「根拠なし」明白に 財政難口実も試算すらせず

北大「無期転換問題」回答書報告集会  北海道大学教職員組合は2月27日、同大学内で「北大『無期雇用転換』問題 回答書報告集会」を開催しました。2部制で行われた集会には、非常勤職員など、のべ62名が参加しました。  冒頭、松本伊智朗北大職組委員長から「つい1時間前に回答が出された。回答書の内容については、まったく納得のいくものではない。執行委員会として検討し、WEBに全文を公開し、組合としての見解とあわせて明らかにする。組合は、無期転換を求めていく」と語気を強めました。 労働契約法に関するレクチャーを行った桝井妙子弁護士(北海道合同法律事務所/写真・下)は、法の趣旨について説明し、北大の有期雇用における現行制度と労働契約法との対比をしながら、「大学にとって、新しい職員を雇い入れるたびに育成のコストがかかる。職員のスキルが大学に還元されない」など、職員にとっても大学にとっても「5年上限」は何のメリットもないことを強調。「記憶せよ、抗議せよ、そして、生き延びよ」という井上ひさし氏の言葉を紹介し、「あきらめず、労働組合に入って無期転換を実現させることが重要です」と述べました。 いまの大学側の論理は論破できる 一緒にたたかっていきたい  引き続き、佐藤博文弁護士(北海道合同法律事務所)から、大学における有期雇用・雇い止め問題について解説。「1990年代から雇用の流動化と不安定化が大学職場で波及し浸透するもとで、営利企業と同様の政策が行われてきた。学問の自由と大学の自治=大学の魂、存在意義そのもの、それが『営利主義』のもとで並行して潰されてきた。教育研究機関としての、知的・社会的財産

「相談が増えている」 しっかり学んで仲間にしらせたい

無期転換きたみ市民講座 北見労連は2月23日、2018年春闘学習会の前段企画として、「無期転換きたみ市民講座」を開催し、労働組合・一般参加あわせて32名が参加しました。講師の出口憲次道労連事務局長は、全労連発行「労働組合に入って無期雇用へ~Q&A」を活用し、無期転換制度の概略と気を付けるポイントについて説明。労働組合の力で無期転換を実現した道内職場のとりくみを報告しました。生活相談員を務めている一般参加の方から、「無期転換に関する相談が増えてきている。しっかり学びたいと思い参加した。(相談員の)仲間たちにも知らせいたい」と。「ぜひ、活用してください」とパンフを追加で渡しました。この講座にあたり、日刊情報誌「経済の伝書鳩」に事前告知(写真)が掲載されました。また、後段の春闘学習会では、「働き方改革」をめぐる直近の動向と、この18春闘で「あるべき働くルール」実現を掲げて社会的にたたかうことの重要性について述べました。 #無期転換 #非正規 #雇い止め阻止 #無期雇用転換 #全労連 #北見労連

「5年雇い止め」許さない! 「無期雇用転換」をすすめる3.4北海道集会

名称 「5年雇い止め」許さない! 「無期雇用転換」をすすめる3.4北海道集会 日時 03/04[日]13:30~16:00 会場 「TKP札幌カンファレンスセンター」カンファレンスルーム6A 講演 「無期雇用転換を確立した東大のとりくみ」 講師 東京大学教職員組合執行委員長 佐々木 彈 氏 報告 道内の各職場での無期転換のとりくみ 主催 道労連、全大教北海道、北海道私教組、北海道私大教連、北海道公務共闘、札幌地区労連 #無期転換 #非正規 #労働組合 #無期雇用転換 #道労連 #全大協北海道 #北海道私教組 #北海道私大教連 #北海道公務共闘 #札幌地区労連 #北大は5年上限撤廃を

無期雇用があたりまえの社会へ

無期転換さっぽろ市民講座 札幌地区労連と道労連は20日、無期転換さっぽろ市民講座を開催しました。札幌での開催は6度目となります。一般市民4人を含む15人が参加しました。 講師にあたった道労連の黒澤幸一議長は、「無期転換権は労働者の権利。しかし、辞められなくなるのではないか。長く働くつもりがないなどと労働者の側が無期契約を望まない声もある。勘違いであり無期雇用になった方が理由なく辞めることができる。」とし、無期雇用が当たり前の社会にしていこうと述べました。 札幌地区労連の木村俊二事務局長は、「今日、労働局に要請した、企業への周知は5000件超えてすすめているとしたが、非正規労働者への周知は進んでいないことを明らかにした。使用者に周知義務がないルールなので労働組合などを通じて学び、申請につなげることが大切だ」と述べました。 参加者からは、「働いている職場は変わらないが、派遣元の会社が代わったら無期転換できないのか?」「14年有期雇用で働いているが、契約更新があったりなかったりルーズな手続きの実態があるが無期転換できるか?」「私の会社は、先月東京で無期転換の説明があり参加した。」などの質問がありました。質問に答えて黒澤議長は、「あくまで同一事業主の下で5年を超えて契約更新した場合に無期転換できる。会社が代わった場合は、通算されない。また、ルーズな契約は、労働者の側に期待権が生まれ事実上の無期雇用。」と述べました。 また、30代の技術系労働者の男性は、札幌市内の大学から「内定取り消しを受けた。」と個別相談しました。大学が非常勤職員の5年上限を撤廃し無期転換することになり、そのことで空き

無期転換まで40日

無期転換とまこまい市民講座 「いまだ話しない」職場は要注意  苫小牧地区労連と道労連は18日、苫小牧市内で無期転換とまこまい市民講座を開催しました。一般市民4人を含む20人が参加しました。苫小牧地区労連の横山〇〇議長はあいさつで「無期転換はディーセントワークへの第一歩。悪用を許さず権利がちゃんと行使できるように学ぼう」と述べました。  講師にあたった道労連の黒澤幸一議長は、「無期転換スタートまで40日。この時点で会社から無期転換の話がない職場は要注意。企業に周知義務はない。黙っていたら無期転換されない。道内でも北洋銀行、JR北海道、生協など民間大手企業が無期転換ルールを法を上回る形で開始する。同時に室蘭工業大学、帯広畜産大学に加え、昨日は札幌学院大で5年上限とされていた契約期限を無期転換権が行使できるように変更した。いずれも、労働組合の要求で実現させたものだ。いま力を合わせて声を上げることが重要だ」と述べました。 お総菜つくって半年更新18年。「安心して働きたい」  大手スーパーでお総菜をつくって18年になる60代の女性は、新聞の告知記事を見て参加。「半年更新の有期契約。職場で無期転換の話は何もされていない。パート職員だったが65歳でアルバイト扱いとされ労働組合からも外された。仕事は以前と同じ。70歳までは働けると聞いている。か・な・り・ずけずけとものを言う方だが、それでも無期転換を申し出たら関係が悪くなるのではないと不安。無期転換で安心して働きたい。」と話しました。個別相談に乗った相談員は「65歳定年で無期雇用の対象外かもしれないが、とにかく申請すること。申請して何かあ

札幌学院大学で「無期転換権」実現

「5年雇い止め」やめさせ、安定雇用を勝ち取る!  札幌学院大学教職員組合(片山一義執行委員長)は2月14日の団体交渉で、契約職員と特別任用教員について無期転換権する旨の回答を引き出しました。無期転換後の労働条件については組合と協議をすすめ、2018年度前期中に就業規則を整備していくことも確認されました。 また一つ、道内の大学で勝ち取った大きな成果であり、まだ「5年雇い止め」を撤廃していない大学に対する包囲網を狭め、雇用継続 望んでいる労働者や奮闘している大学職組の仲間たちを激励する貴重な成果です。札幌学院大学教職員組合の取り組みを紹介します。 「絶対に譲れない要求」 ~雇い止め野放し、許されない~  組合は、無期転換権が実現されていなかった一般契約職員の無期雇用転換を求め、1月29日に理事会に対する緊急の要望書を提出。「本学『契約職員就業規則』は『法の潜脱』が明らか」と厳しく批判し、「5年雇い止め」をやめるよう迫りました。  しかし理事会は、2月7日付け回答書において、「大規模な組織再編」と「中期的な人事計画」の必要性に言及し、「全体像が明らかになっていない中で無期転換のみに特化した緊急対応を行うことは適当ではない」と無期雇用転換を否定しました。  組合は、2月8日に執行委員会を開催。執行部は理事会の回答に対し、「労契法18条1項の趣旨に悖る雇い止めを野放しにすることは許されない」「労働者に対する基本的な権利の保護のみならず、大学の社会的責任を果たすという観点からも容認できない」「絶対に譲れない要求」として、無期雇用転換権の確立を求めて即座に団体交渉を要求しました。 こ

5年雇い止めの撤廃を -北大職組がアピール発出-

2月27日には報告集会も開催  北海道大学教職員組合(北大職組)は2月14日、「組合は「5 年雇い止め」の撤廃を求めます」とのアピール文を発出しました。 アピールでは、北大にも多くの「5 年でやめさせられる」職員が働いていること、「5 年でやめさせる」ルールは、改正労働契約法の趣旨に反していること、 「5 年雇い止め」ルールの撤廃は大学運営にとって合理的であること、「5 年でやめさせる」ルールを廃止する大学が、いくつも出てきていること、北大も「5 年でやめさせる」ルールをやめましょうと呼びかけています。 さらに、アピール文の最後では、【もうやめにしませんか。誰のためにもならない、法の趣旨に反する、人を駒のように切り 捨てるルールは、やめましょう。ルールは変えることができますし、多くの大学が変えてい ます。組合員であろうがなかろうが、この問題に関心を寄せて下さい。職場で話題にして下 さい。組合のホームページから、情報を得て下さい。そしてぜひ、撤廃に賛同して下さい。 】と北大ではたらくすべての人たちへ呼びかけています。 2月27日には報告集会を開催し、弁護士による労働契約法関連と国立大学の状況のレクチャー、大学側からの回答書の報告を行います。道労連は引き続き、北大での「5年雇い止め撤廃」をめざして、北大職組と連携してたたかいます。 【北大職組ホームページ】 http://ha4.seikyou.ne.jp/home/kumiai/ #無期転換 #非正規 #雇い止め阻止 #無期雇用転換 #全労連 #北大職組 #北海道大学教職員組合 #5年雇い止め

JR北海道で無期転換と処遇改善

建交労北海道鉄道本部に18春闘で回答  JR北海道では、4月1日から実施される「無期雇用転換」の申し出に合わせ、各組合との交渉や事務折衝を続けてきました。会社は4月1日以降、無期雇用転換の権利が発生する有期契約の社員全員に希望確認をおこない、希望者全員の無期雇用への転換を実施します。スタッフ社員については、無期雇用にあわせて福利厚生面が改善され、新設になったものは「雇用期間5年毎に勤続功労金5万円」「病気休職」「結婚休暇が有給で6日間」「結婚記念品」も贈られ、「忌引休暇の範囲拡大と日数増」など、正社員と同等に改善されました。 建交労北海道鉄道本部の竹田吉宏委員長は、「労働契約法の改正以降、春闘要求で有期社員の雇用安定・処遇改善を求め続け、結果が示された。『継続は力だ』と再認識した」と述べています。さらに、「18春闘交渉では、無期雇用への申し出ができる権利発生期間の短縮や、フルタイマー及びパートタイマー社員にも改善がおこなわれ、より働きがいを感じられる会社になるよう、諸制度の改正を引き続き求めていく」を決意をあらたにしています。 #無期転換 #非正規 #無期雇用転換 #建交労北海道鉄道本部 #JR北海道

安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一3000万人署名をやり抜こう!決起集会

名称 安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一3000万人署名をやり抜こう!決起集会 日程 01/19 [金] 18:00-18:30 場所 北海道自治労会館4Fホール 内容 主催者挨拶(戦争をさせない北海道委員会から)    連帯挨拶 小田川 義和 氏(憲法共同センター/全労連議長)    基調提起 福山 真劫 氏(フォーラム平和・人権・環境 代表)    閉会挨拶(戦争をさせない北海道委員会から) 主催 戦争をさせない北海道委員会 共催 北海道平和運動フォーラム、北海道憲法共同センター #安保法制廃止 #共謀罪廃止 #戦争法廃止 #安倍9条改憲NO #3000万署名

© 1989 by DOROREN

  • w-facebook
  • Twitter Clean