「更新なく、楽じゃん」 ~無期転換申請しました。

【北海道医労連・恵和会労組】 この春、無期転換を申請した北海道医労連・恵和会労働組合の佐藤美咲さんにお話しを聞きました。 佐藤さんは、札幌市内の宮の森病院で介護職員として15年目、1年更新の有期契約職員として働いてきました。介護職員は全員が準職員とされ非正規雇用扱いです。1日6,160円の日給制で昇給制度もなくずっと定額です。非正規には夜勤手当や通勤手当はあっても住宅手当や扶養手当などはありません。10年前の春闘で労働組合が賃上げを要求し日額60円アップさせました。 病院の雇用状況について「04年、当時の労組執行委員だった介護職員を『笑顔がない』『不満そうなオーラが出ている』など、とんでもない口実を持ち出して解雇。労組が裁判闘争もたたかい、3年かかって職場復帰を勝ち取りました。以来、職場ではクビ切りなどは無くなったように思います。しかし、いまも口には出さないが、何をやり出すかわからない経営者なので、不安や心配をしている人はいると思う」といいます。 佐藤さんは、4月の契約更新を機に無期転換を申請。「病院は法律なので受け付けるが、いっさい周知するつもりはないようです。申請をした私には厚生労働省の資料のコピーを4枚渡され、一応の説明はありました。私たちは、労働組合の勉強会で無期転換ルールを知ることができたけど、他の職員は誰も知らないと思う..」といいます。申請の動機については「無期転換すれば、毎年4枚もの書類を書く煩雑な更新手続きが無くなる。楽じゃん。人手不足だし労働組合があるので雇止めの心配をしているわけではないが、ずっと働いているのに一々更新が必要なのはおかしいと思う」と。 いま

高度プロフェッショナル制度の廃案を求める0612すすきのアクション

政府与党は、働き方改革関連一括法案を衆院で強行採決し、現在は参議院での審議となっています。法案の中には、究極の働かせ放題となる「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」の創設や、過労死ライン(月100時間未満)の時間外労働の上限導入など、働くものの命にとって極めて危険な法案が「劇薬」として盛り込まれています。特に「高プロ」は、労働者に「働き方の裁量」を与えることもなく、時間外・深夜割増手当も支払わずに、週休2日にあたる年間104日の休みさえあれば、24時間労働を48日間連続させても違法にならず、年間6144時間(※フルタイムで働く労働者の2017年の総実労働時間は年間2016時間ですから、その3倍)の就労を命じても合法という、とんでもない過労死促進制度です。まさに「現代の奴隷制」と呼ぶべきものです。こんな悪法は廃案にして、本当のディーセント・ワークを実現するために行動しましょう。街頭アクションへのご参加を呼びかけます。 名称 高度プロフェッショナル制度の廃案を求める0612すすきのアクション 日時 06/12[火]18:30-19:30 場所 すすきの交差点(ニッカ前) #働き方改革 #定額働かせ放題 #現代の奴隷制度 #高度プロフェショナル制度 #高プロ #過労死合法化 #過労死促進

「無期雇用転換さっぽろ市民講座」 (2018年6月)を開催します!

4月から無期転換ルール(労働契約法)が本格的にスタートしました。  パートや契約など有期契約で働くみなさんにとって「無期雇用」と言う定年まで安定した雇用を手に入れることができる貴重な制度です。同一事業所で5年を超えて働いている方に申し込む権利がもれなく発生します。本人から事業所等に申し出なければいけないルールです。  大きな企業では就業規則などが変更され申込みが始まっているようですが、法律では周知義務がないこともあり中小零細企業での労働者への周知は、まだまだこれからのようです。労働者自身が学んで申請をすることが大切になってきます。非正規労働者が多くの職場で低賃金で働かされたり、会社の人件費の調整弁として使い捨てにされたりしている社会を正していく一歩となる制度です。  すべての対象者が安定した雇用を手にできるように労働組合のサポートが役に立ちます。専門家による個別相談も受け付けます。どなたでも参加できる市民講座です。多くの方の参加をお待ちしています。 「無期転換さっぽろ市民講座」 日程 06/21[木]18:30-20:00 会場 「札幌エルプラザ」4F・大研修室B 講演 「無期転換ルールの活用方法」 講師 平澤 卓人さん(弁護士・さっぽろ法律事務所) 主催 札幌地区労連・道労連 #無期転換 #非正規 #労働組合 #無期雇用転換 #札幌地区労連 #全労連

© 1989 by DOROREN

  • w-facebook
  • Twitter Clean