北本連系送電ケーブルの増設等を求める緊急署名

「ブラックアウト」防ぎ、道民の命と安全を守ろう! 「北本連系送電ケーブルの増設・再生可能エネルギー発電のための送電網の開放・石狩LNG(液化天然ガス)発電所建設の前倒し」を求める全道緊急署名にご協力をお願いします。 胆振東部地震の際、北電の苫東厚真火発が停止したことをきっかけに前代未聞の全道ブラックアウトが生じました。 泊原発も外部電源をすべて喪失し、その状態が9時間半も続きました。もし泊原発が再稼働していて冷却に失敗していたら、福島第一原発のようにメルトダウンが起き、北海道は大変な事態になった可能性すらあります。火発が全面停止するまで北電が適切に対処していれば、全道ブラックアウトは回避できなかったか、厳格な検証が必要です。 しかし、被害はすでに全道に及んでいます。まず北電がブラックアウトの原因と責任を公に明らかにするとともに、窓口を設置し、停電によって被害を被った方々に対し速やかに損害賠償を行うべきと考えます。北電は、国の要請を受け、石狩のLNG 火力発電所1号機について、試運転時に生じる電力も供給する方向で送電を早めました。 しかし、全国の大手電力会社が早くから導入していた効率的なLNG 火発をこれまで導入してこなかった北電の経営責任は強く批判されるべきです。電力不足が深刻な今、国・道・北電の三者に対し、北海道の電力を分散させ増強するために、最も効率的でかつ安全な3つの対策を緊急に決定し、着手することを求める標記署名を実施することとしました。 緊急のとりくみとなるため、最終集約は2018年12月10日(月)と短期間での集約となりますが、ぜひご協力をお願いします。 ネット署

「無期雇用転換さっぽろ市民講座」 (2018年10月)を開催します!

4月から無期転換ルール(労働契約法)が本格的にスタートしました。  パートや契約など有期契約で働くみなさんにとって「無期雇用」と言う定年まで安定した雇用を手に入れることができる貴重な制度です。同一事業所で5年を超えて働いている方に申し込む権利がもれなく発生します。本人から事業所等に申し出なければいけないルールです。  大きな企業では就業規則などが変更され申込みが始まっているようですが、法律では周知義務がないこともあり中小零細企業での労働者への周知は、まだまだこれからのようです。労働者自身が学んで申請をすることが大切になってきます。非正規労働者が多くの職場で低賃金で働かされたり、会社の人件費の調整弁として使い捨てにされたりしている社会を正していく一歩となる制度です。  すべての対象者が安定した雇用を手にできるように労働組合のサポートが役に立ちます。専門家による個別相談も受け付けます。どなたでも参加できる市民講座です。多くの方の参加をお待ちしています。 「無期転換さっぽろ市民講座」 日程 10/25[木]18:30-20:00 会場 「札幌エルプラザ」4F・大研修室A 講演 「実例から学ぶ無期転換ルールの活用」 講師 木村 俊二 さん(札幌地区労連事務局長) 助言 竹田 吉宏 さん(労働審判員・道労連事務局次長) 主催 札幌地区労連・道労連 #無期転換 #非正規 #労働組合 #無期雇用転換 #札幌地区労連 #全労連

10月7日「STOP再稼働! さようなら原発北海道集会」は中止となりました。

10月7日「STOP再稼働!さようなら原発北海道集会」は中止となりました。 (10月6日「STOP再稼働!さようなら原発北海講演会」を本集会に切り替えて実施します) 10月7日(日)に札幌市大通公園西8丁目で開催を予定していた「STOP再稼働!さようなら原発北海道集会」が中止となりました。この間、集会実行委員会で検討が行われ、台風25号が集会当日の7日に北海道を直撃する可能性が高いこと、この間の台風によって各地で甚大な被害が生じていること、交通機関等でも様々な影響が予想されること、何よりも参加者の安全確保を最優先することを考慮して「中止」することが決定されました。 同集会を成功させるために準備をされていたみなさんにはご迷惑をおかけしますが、中止に至る事情と判断にについてご理解・ご協力いただくようお願い致します。参加予定の方、集会スタッフ・要員の方など関係者のみなさんに集会中止を周知していただくようお願いします。 尚、明日10月6日(土)の「STOP再稼働!さようなら原発北海講演会」は「北海道集会」に切り替えて開催しますので、ぜひともご参加ください。 「STOP再稼働!さようなら原発北海道集会」(講演会から切り替え) 日  時  2018年10月6日(土)18:30~20:00 場  所  「北海道自治労会館」5F・大ホール(札幌市北区北6西7) 講  演  鎌田 慧さん(ルポライター) 特別報告  山城 博治さん(沖縄平和運動センター議長) 主  催  「さようなら原発1000万人アクション北海道」実行委員会 費  用  入場無料・事前申込不要 #原発ゼロ #さようなら原発北海

食農連絡会学習講演会 「私たちの食卓を支えているのは誰か」

現在、様々な分野で外国人労働者の「技能実習制度」が拡大・増加しています。農業分野でも、他業種にも増して人手不足の状況が強まるなか、技能実習生制度による外国人従事者も目立っています。安倍政権は、農業を営む農家への支援政策ではなく外国人労働者の受入基準緩和などの方向を強めています。こうした中、現在の食糧生産現場の実態や外国人労働者に対する規制緩和の内容を学び、「私たちの食卓」と農業のあり方について一緒に考えましょう。ぜひ、ご参加ください。 日時 10/29[月]18:30-20:00(開場18:00) 会場 札幌市「かでる2.7」1010会議室 講演 「私たちの食卓を支えているのは誰か」 ~農業における外国人労働者の現状と今後 講師 宮入 隆 さん(北海学園大学教授) 主催 北海道食農連絡会 (※参加費無料・申込不要) #農業 #外国人技能実習制度 #北海道食農連絡会

© 1989 by DOROREN

  • w-facebook
  • Twitter Clean