道労委の公正任命求め署名提出


 道労連は11月14日、道労委の委員任命日(12月1日)に向けて「第42期北海道労働委員会の労働者委員の公正任命を求める団体署名」と「アピール賛同署名」を提出しました。団体署名は299労組・団体、アピール署名は法律家・研究者・労組役員など107名の方から賛同をいただきました。

 「アピール賛同署名」は、西谷敏大阪市立大学名誉教授、伊藤誠一弁護士、川村雅則北海学園大学教授、鈴木一札幌地域労組副執行委員長の4氏が呼びかけ人となり、各界のみなさんに第42期北海道労働委員会労働者委員の公正任命の実現を訴え、賛同を呼びかける署名です。

 第41期北海道労働委員会労働者委員の任命処分の取消請求訴訟において、札幌地裁は北海道知事が行った任命処分は、「労組法上の推薦制度の趣旨を没却するものとして、裁量権の逸脱、濫用にあたるといわなければならない」「極めて恣意的」と認定しており、第39期、第40期裁判に続く3度目の「違法」認定です。こうした違法状態を是正し、第42期の任命にあたっては必ず公正任命を実現させましょう。


© 1989 by DOROREN

  • w-facebook
  • Twitter Clean