恵和会労組、勝利!道労委が救済命令


法人は姿勢正し、安全・安心な医療と介護のため労使関係正常化を  「やったぞ!」 道庁ロビーに勝利と激励の声が響きました。

 5月30日、北海道労働委員会は、賃上げ・サービス残業・特別休暇など、基本的な労働条件の問題について団交を拒否したり、あるいは団交での説明や調査も行わないで不誠実な対応を繰り返してきた医療法人社団恵和会に対し、恵和会労組の弱体化を狙う支配介入などの不当労働行為にあたると認定。法人側の姿勢を厳しく断罪し、恵和会労組との誠実な交渉を行うこと、門前に謝罪文を掲示することなどの救済命令を出しました。

 この救済命令を受けて、恵和会労組は、「今回の命令は、当組合の主張が正しいものであると認められたものであり、労使関係の正常化と法人の一連の違法行為を是正する大きな一歩となると考えます」「働くものの権利を守ることと、病院や施設を利用する患者さん・利用者さんに対し、安全安心な医療介護を提供できるよう、今後も奮闘する決意です」との談話を発出。道政記者クラブでの会見も行いました。

 恵和会労組は、労働組合つぶしの攻撃に毅然と立ち向かい、労働争議をたたかう中で組織を拡大していることは、すべての労働組合が教訓とすべき貴重な経験です。労働組合に対する不当な攻撃を許さず、労使関係の正常化につなげていくため、恵和会労組のたたかいへの支援を強めましょう。

#労働組合 #不当労働行為 #救済命令 #労働委員会

0回の閲覧

© 1989 by DOROREN

  • w-facebook
  • Twitter Clean