「この職場で定年迎えたい」と、その場で労組加入


無期転換むろらん市民講座を開催  室蘭地区労連と道労連は20日、無期転換「むろらん市民講座」を開催しました。12人が参加し、「無期転換して、20年間働き続けたこの職場で定年を迎えたい」と一人の女性労働者が労働組合に加入しました。また、室蘭工大職組の誘いで2人の非常勤職員が参加しました。  「鉄のまち室蘭」の下請け会社で働く60代女性は、「20年間働いてきた。ここで定年を迎えたい」と思っていたが、この間、経営者が変わるなど無期転換の対象となる「同一事業者の下で5年」と見なされるか微妙な状況に。毎年、4月の更新時期が近づくと「毎日不安で胸が詰まる思いで胃が痛む。何とか無期転換して安心して働き続け、定年を迎えたい。自分は870円の時給だが、夫も810円で働く非正規労働者。生活がかかっている」と切実です。何か会社から言われたら、すぐ相談できるようにとローカルユニオン室蘭にその場で加入しました。彼女の手帳(写真・右下)には、一昨日の道新に掲載された市民講座の告知記事がラインマーカーで塗りつぶされ張ってありました。  また、室蘭工業大学職組のお誘いで2人の非常勤職員が参加しました。「3年更新だが、いつ無期転換の申込ができるのか」「会社は慣れた従業員を雇止めしようとするか理解できない。熟練した労働者を大切にした方が、会社の質の向上にも繋がる気がするけど・・・。」など働きつづけたいと話しました。ユニオン室蘭の組合員の男性は、息子が札幌の大手スーパーのパート職で働いていて31歳になる。10万円そこそこの月給で暮らしているが、将来の結婚など見通しがたたない。どうしたら、抜け出せるのか本人も悩んでいると話してくれました。今回の市民講座は道労連黒澤幸一議長が講師に。この間、「雇い止め阻止」の事例なども紹介しながら無期転換のポイントを解説&アドバイスしました。冒頭、主催あいさつで沓澤幸成議長は「室蘭初の講座。職場で脱法的な行為があれば、労働組合が力になります。相談してほしい。」と呼びかけました。室蘭地区労連は、スコミに事前告知掲載の掲載を依頼、チラシを1000枚地域でポスティング、新聞折り込みなどを行いました。

#無期転換 #非正規 #雇い止め阻止 #無期雇用転換 #室蘭地区労連

0回の閲覧

© 1989 by DOROREN

  • w-facebook
  • Twitter Clean