17春闘、北海道経済連合会へ要請

2017/03/10

道労連は3月9日、2017年春闘にあたって、北海道経済連合会(道経連)への要請を行いました。
黒澤幸一道労連議長から道経連の桑原崇労働政策局長へ要請書を手渡した後、「日本経済を不況から脱却させ、経済の好循環を実現するには、内需重視の景気対策が必要であり、そのためには賃金の引き上げが重要です。経営者団体と労働組合という立場の違いはありますが、日本経済の持続的発展、地域経済・中小企業の活性化、労働者の生活安定を願う思いには共通するものがあります。賃上げ、雇用の安定、長時間労働是正など、積極的な対応を求めます」と趣旨を伝えました。
道労連からは、
 ◇内需拡大のための賃金引き上げ
 ◇企業内最賃1000円以上への引き上げ。
 ◇新規雇用、新卒者採用の拡大。
 ◇不払い残業根絶、長時間労働解消と年休完全消化の強化。
 ◇子育てしながら働ける雇用環境整備、高齢者雇用の改善。
などについて要請しました。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

拙速な入管難民法改正案の撤回を! 札幌で緊急行動

December 4, 2018

1/10
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ