市民が声あげ政治を変える~1006★札幌駅前アクション

熱気に満ちたスピーチ  寒風も安倍政権も吹き飛ばす
~みんなのための政治を取り戻そう。1006★札幌駅前アクション~

 「安倍政権を終わらせよう」「市民が政治を変えよう」―。10月6日、JR札幌駅前南口広場では、寒風を吹き飛ばす熱気と気迫に満ちたスピーチが相次ぎました。戦争させない市民の風・北海道と道労連が呼びかけた「みんなのための政治を取り戻そう。1006★札幌駅前アクション」には100名が参加。仕事帰りに足を止め、スピーチに聞き入り、拍手を送る人など、市民と立憲野党の共闘で政治を変えたいとの思いが溢れるアクションとなりました。戦争させない市民の風・北海道の川原茂雄共同代表から、12の小選挙区すべてで統一候補が実現したことが報告されると大きな拍手と歓声があがりました。様々な団体、職業の方がスピーチした後、それぞれの政党が市民と立憲野党の共闘に対する大きな期待をしっかりと受け止め、安倍政権を退場させる決意を込めてスピーチしました。アクションの締めくくりとして、参加者でプラカードを掲げて撮影。「みんなのための政治を取り戻そう!」のコールが札幌の夜空に響き渡りました。10月15日には、「平和にYES!改憲にNO! 市民が政治を変える!札幌アクション」が札幌大通公園西6丁目で13時から行われます。市民、立憲野党からのスピーチとライブ、デモ行進など、市民が選挙を楽しみながら、市民が政治を変えていく、決めていくためのアクションです。職場から、地域から、みんなで参加しよう!


 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

拙速な入管難民法改正案の撤回を! 札幌で緊急行動

December 4, 2018

1/10
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ