子どもたちのため憲法守る18春闘に


保護者と対話~憲法3000万署名  福祉保育労葦の会分会は3月19日、労働組合と法人(旭川永山ほたる保育園)と父母会が共同で、子どもたちを迎えに来る保護者に「安倍9条改憲NO!3000万署名」の訴えを行い、2時間あまりで200筆を超える署名を集めました。家族だけでなく親戚にも書いてもらうと用紙を持ち帰るお母さん、トラック運転手のお父さんは、「戦争は絶対にダメだ!」と署名してくれました。これまでに600筆余りを集約しています。

旭労連に結集~地域でアピール  葦の会分会は3月15日、18春闘全国統一行動で、旭労連に結集し、道北勤医労、JMITU、法律関連労組らと買い物公園での署名・宣伝行動に参加しました。雨から雪に変わる悪天候の中、ずぶ濡れになりながら「憲法を守れ」「賃金上げろ」「人手不足を解消しよう」とスピーチを行いました。アクションには15人が参加。福祉保育労働組合は、18春闘で「憲法を守り活かす福祉職場宣言」を各職場で確認し、「よく見えるところ」に張り出す運動をとりくんでいます。

安倍内閣総辞職を求める宣伝 Facebookみて駆けつける人も~小樽  3月25日(日)13 時から、小樽長崎屋前にて、「明るい革新市政をつくる会」主催の、安倍内閣総辞職を求める宣伝行動が開催されました。日曜日の家族サービスで忙しいにも関わらず、参加者は25名ほどと前回を上回る人数となりました。この日は全国各地でも集会があり、内閣総辞職の声が高まるのを感じられました。  樽労連からは勿論、全動労、新婦人の会、ママの会、共産党小樽地区、生活と健康を守る会、ヒロ勝手連など、様々な顔ぶれが集まり、リレートークを繰り広げました。今回もFacebook を見て駆け付けてくれた方達もいて、スタンディングやトークでおおいに盛り上げてくれました。参加者はそれぞれ「安倍内閣は総辞職せよ」と書かれた横断幕や「安倍はヤメロ」「全国で怒っていますが何か」と書いたプラカードを持って、笑顔でアピールしていました。通りかかった若い人たちも足を止めて聞き入るなど、今の内閣への不満が市民レベルで高まってきていることを確信できます。 (樽労連ニュースNo.1135 より)

#道労連 #福祉保育労葦の会分会 #樽労連 #2018年春闘 #18春闘 #安倍内閣総辞職

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 1989 by DOROREN

  • w-facebook
  • Twitter Clean