北本連系送電ケーブルの増設等を求める緊急署名

2018/10/11

「ブラックアウト」防ぎ、道民の命と安全を守ろう!

「北本連系送電ケーブルの増設・再生可能エネルギー発電のための送電網の開放・石狩LNG(液化天然ガス)発電所建設の前倒し」を求める全道緊急署名にご協力をお願いします。

 

 

 

 胆振東部地震の際、北電の苫東厚真火発が停止したことをきっかけに前代未聞の全道ブラックアウトが生じました。

 泊原発も外部電源をすべて喪失し、その状態が9時間半も続きました。もし泊原発が再稼働していて冷却に失敗していたら、福島第一原発のようにメルトダウンが起き、北海道は大変な事態になった可能性すらあります。火発が全面停止するまで北電が適切に対処していれば、全道ブラックアウトは回避できなかったか、厳格な検証が必要です。

 しかし、被害はすでに全道に及んでいます。まず北電がブラックアウトの原因と責任を公に明らかにするとともに、窓口を設置し、停電によって被害を被った方々に対し速やかに損害賠償を行うべきと考えます。北電は、国の要請を受け、石狩のLNG 火力発電所1号機について、試運転時に生じる電力も供給する方向で送電を早めました。

 しかし、全国の大手電力会社が早くから導入していた効率的なLNG 火発をこれまで導入してこなかった北電の経営責任は強く批判されるべきです。電力不足が深刻な今、国・道・北電の三者に対し、北海道の電力を分散させ増強するために、最も効率的でかつ安全な3つの対策を緊急に決定し、着手することを求める標記署名を実施することとしました。

 緊急のとりくみとなるため、最終集約は2018年12月10日(月)と短期間での集約となりますが、ぜひご協力をお願いします。

ネット署名は下記のURL(北海道平和運動フォーラムのホームページ)へ
https://peace-forum.org/shomei/

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

拙速な入管難民法改正案の撤回を! 札幌で緊急行動

December 4, 2018

1/10
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ