『止めよう!辺野古新基地建設&自衛隊の南西諸島配備』北海道アクション

2019/09/05

  今、沖縄では沖縄の民意を無視し、辺野古新基地建設が強行されています。その沖縄ではさらに、中国の軍事拡大や尖閣諸島をめぐる問題を口実に、既に陸上自衛隊の警備部隊が配備された与那国島を皮切りに、石垣島、宮古島、奄美大島にミサイル部隊を配備する新基地建設が進められています。南西諸島におけるミサイル部隊の配備は、日米一体化したミサイル防衛(MD)戦略に組み込まれていくことになり、中国との軍拡競争により東アジアの安全保障をより緊迫した状況を作り出すものでしかありません。沖縄をめぐる現状と課題を共有し、平和をまもる運動の輪を広げましょう。ぜひ、ご参加ください。

 

 日時  09/12[木]18:30-20:00(開場18:00)

 会場  北海道自治労会館 5F 大ホール

 講演 『辺野古だけじゃない!自衛隊の南西諸島配備の危険性』
 講師  沖縄平和運動センター議長 山城 博治 氏
 主催  『止めよう!辺野古新基地建設&自衛隊の南西諸島配備』北海道アクション実行委員会
(※参加費無料・申込不要)

 

チラシPDFデータのダウンロードはこちら

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

拙速な入管難民法改正案の撤回を! 札幌で緊急行動

December 4, 2018

1/10
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ